(上クリックでトップページに戻る。)

シニアネットワーク(SNW)入会案内

2012年6月21日制定

シニアネットワーク連絡会(略称 SNW)は、会員それぞれが培ってきた知識と経験を活かし、地球規模のエネルギーと環境問題に対する原子力の果たすべき役割について真摯に考え、発言し、或いは提言を行い、世代間の対話と様々な交流を通して、学術の発展と技術の伝承ならびに人材育成に協力し、真の理解者を広げることを目的としています。(規約第1条)。

この目的に賛同され、積極的に活動を進めていただける方は、どなたでも会員になることができます。ただし、SNWは日本原子力学会の連絡会の一つなので、正会員になるには日本原子力学会の会員であることが必要です。日本原子力学会員でない方は、下記URLより学会、及び、SNWへの入会手続を行なって下さい。
http://www.aesj.or.jp/member/nyukai.html
既に、日本原子力学会員の方は、下記URLよりSNWへの入会手続きを行なって下さい。
http://www.aesj.or.jp/bukai/form.shtml
以上の入会手続きとともに、Eメールに下記の項目を記入のうえ、snw@aesj.or.jpに送信して下さい。
  1. (1)氏名(フリガナ)
  2. (2)Eメールアドレス
  3. (3)住所、電話番号
  4. (4)所属:代表的な所属機関を現***、元***のように記入下さい。
  5. (5)専門分野:なるべく具体的に記入下さい(例 原子力システム設計、安全解析・評価、耐震設計、プラント建設、エネルギー政策、PA活動等)。
日本原子力学会の会員でない方で、上記目的に賛同され会員の推薦がある方は「協力会員」になることができます。SNWに「協力会員」として入会を希望される方は、Eメールに上記(1)~(5)の項目を記入のうえ、snw@aesj.or.jpに送信して下さい。
尚、正会員、協力会員ともに入会の承認はSNW運営小委員会で行います。
会費
「正会員」は日本原子力学会の会費の他、連絡会費(年会費1500円)が必要です。「協力会員」は不要です。ただし、活動に際し、「正会員」は旅費などの実費を支給することがありますが、「協力会員」は自費となります。
連絡
全てEメールにて行いますので、メールアドレスが必要です。