header.jpg
活動内容

研究会

第19回倫理研究会のご案内

1.研究会のテーマ:
  「技術者論理の今」
   ~その現代的課題~
2.趣旨:
近年、論文不正や意匠盗用、各種データの偽装といった問題が社会を賑わせており、技術者倫理について、社会からも関心が高まっています。また、2011年に発生した東日本大震災に伴う東京電力福島第一原子力発電所事故(以下、「福島事故」と略す)の背景や対応した関係者の行動についても、改めて倫理的側面からの検討が求められてもいるところです。 このような状況に鑑み、今回の研究会では、技術者倫理の原点に立ち返り、原子力技術者が技術者倫理を問われる局面においてどのように行動すべきか、過去の事例に学び、考える機会といたしました。講師には、本学会の倫理規程制定および委員会の立ち上げを含めた活動や、大学で技術者倫理の講義も担当なさる等、我が国の原子力界における倫理に大変に尽力なさられました東京大学名誉教授、元原子力安全委員会委員長の班目春樹氏をお迎えいたしました。技術者倫理が問題となった事例の解説および福島事故時のご経験等についてご講演いただく予定です。 尚、本研究会は、広く企業、大学、および研究機関等の組織で、実務を担当していらっしゃる技術者、研究者を対象としており、特に技術者倫理についての事前の知識を必要とするものではありません。多くの方のご参加をお待ちしております。

3.実施時期,場所:
   平成28年2月22日(月)
   東京工業大学キャンパスイノベーションセンター東京
 1階 国際会議室

4.プログラム
(1)13:30-13:35 開会挨拶および講演者紹介
大場恭子(学会倫理委員会委員長)
(2)13:35-15:00 第1部;パネルディスカッション
『技術者倫理から見たデータ不正事例』
事例解説; 班目春樹(東京大学名誉教授、元原子力安全委員長)
パネラー; 宇奈手一之(三菱重工業(株))
近藤正聡(東京工業大学)
辻 政俊(科学技術振興機構)
モデレータ; 三村 靖(日立GEニュー クリア・エナジー(株))
(3)15:00-15:10 (休憩10分)
(4)15:10-16:40 第2部:講演
福島事故と原子力技術者の倫理』
講師;班目春樹(東京大学名誉教授、元原子力安全委員長)
(5)16:40-16:45 閉会挨拶

5.参加費: 2,000円
(※ お釣り不要なように千円札でのお支払いをお願いします)


6.申込方法:
申込先;科学技術振興機構
環境エネルギー研究推進部原子力研究グループ
辻 政俊(masatoshi.tsuji@jst.go.jp)まで、
『平成28年2月22日開催倫理研究会参加申し込み』
と標題を付けて、下記事項を記載の上電子メールでお申し込み下さい。

******(平成27年度倫理研究会参加申し込み)********
氏名:
原子力学会会員番号:
会員で会員番号が不明の方は「不明」、非会員の方は「非会員」とお書きください
所属:                       区分:  一般 ・ 学生
連絡先:電子メール;            電話;
*******************************

申し込み期限;平成28年2月15日(月) 午前10:00 定員80名、先着順に受け付け、定員になり次第締め切りますのでご了承下さい。


本件に関する問い合わせ先:倫理委員会委員 辻 政俊
(科学技術振興機構) masatoshi.tsuji@jst.go.jp

以上


これまでの研究会
第19回2016年2月22日
第18回2015年1月8日
第17回 2014年1月29日 報告書
第14回 2010年11月17日 報告書
第12回2009年7月28日 報告書
第11回2008年11月14日 報告書
第10回2008年7月11日 報告書
第9回2007年11月12日 報告書
第8回2007年7月25日 報告書
第7回2006年11月21日 報告書
第6回2006年7月25日 報告書
第5回2005年11月2日
第4回2005年7月27日 報告書
第3回2004年11月19日
第2回2004年7月23日
第1回2003年11月18日

※PDFファイルをご覧になるには「Adobe Reader」が必要です。
 入手方法についてはトップページをご覧ください。

footer