放射線工学部会賞の公募及び放射線工学部会夏期セミナーのご案内

 

日本原子力学会放射線工学部会では、放射線工学分野の若手研究者・技術者に、活発な研究・技術開発活動を奨励するため、
本分野に於いて優れた活動を行っている若手研究者・技術者に対して、日本原子力学会放射線工学部会賞を授与しています。
下記の受賞資格にあるように、有資格者が、「放射線工学部会夏期セミナーで発表する」ことにより、放射線工学部会賞に応募した扱いとなります。有資格者の皆さんの夏期セミナーへの参加と部会賞への応募を、心よりお待ちしています。

 

受賞資格は以下のとおりです。

i)   当該年度の4月1日時点で満35歳以下であること。
ii)  放射線工学部正会員または学生会員であること。
iii) 放射線工学分野の研究・技術開発等に於いて積極的且つ優れた活動を行っていること。且つ放射線工学部会夏期セミナーで発表していること。



平成27年度放射線夏の学校のお知らせ

応用物理学会放射線分科会,原子力学会放射線工学部会 共催

毎年恒例の「放射線夏の学校」を和歌山 和歌の浦温泉にて開催いたします。
また若手ポスター発表もありますので、奮ってのご応募お願い致します。

日時:2015年8月4日(火)〜8月6日(木)
場所:萬波 MANPA RESORT(和歌山市 和歌の浦温泉)
参加申込締切:2015年6月29日(月)

スケジュール
8月4日 13時50分   開会式・講演4件
    夕方    懇親会
  5日 11時まで   講演2件
      11時〜15時 自由行動
    15時    ショートプレゼンテーション
    16時半   若手ポスター発表
    夕方      懇親会
  6日 朝〜      講演2件
    11時15分  閉会挨拶

詳細については下記HPを参照願います。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/summerschool2015/index.html



平成27年度放射線工学部会夏期セミナー・放射線分科会夏の学校に参加する学生の方々への旅費の支援についてNEW


本年度も、日本原子力学会放射線工学部会では、放射線工学部会夏期セミナーに参加する学生の方々に、旅費の支援を行うことになりました。
旅費支援の対象となる学生、支援額等につきましては、以下のようになっております。

支援対象:放射線工学部会学生会員、本年度内に放射線工学部会に入会申請した学生

支援額: 
・放射線工学部会学生会員(但し、本年度に入会した方を除く)
 旅費の半額。但し支援額は1万円を上限とする。
・本年度放射線工学部会学生会員となった学生の方、本年度中に放射線工学部会に入会を申し込まれた学生の方
 旅費の3/4。但し、支援額は1万5千円を上限とする。

旅費として計算できるもの: 原子力学会旅費・謝金内規に準じます。
(1)鉄道・路線バス 普通乗車賃(100km 以上は特急・新幹線特急料金を加算)
(2)航空賃 実費
(3)タクシー代 実費(ただし,放射線工学部会夏期セミナー旅費支援に関する委員会が必要と認めた場合)
(4)船舶等,その他公共交通機関 実費(ただし,放射線工学部会夏期セミナー旅費支援に関する委員会が必要と認めた場合)
(5)自家用車の利用は認めない

旅費を証明するもの: 実費の場合の領収書。鉄道、路線バスについては、旅費を証明するものは必要ありません。

旅費の起点: 所属する学校の所在地

旅費支援申請書は以下からダウンロードできます。
 旅費支援申請書


必要事項を記載の上、旅費を証明するもののコピーを必要に応じて添えて、夏期セミナー旅費支援に関する委員会のメールアドレス(ohnishi@nmri.go.jp)まで、e-mailにてご送付ください。
申し込み締め切りは、平成27年12月28日です。