日本原子力学会中部支部

最終更新日:平成30年10月17日



新着情報

「第50回日本原子力学会中部支部研究発表会」 rev1

50回日本原子力学会中部支部研究発表会のご案内と講演募集のお知らせ
(主催:一般社団法人日本原子力学会中部支部)

 下記により第50回研究発表会を開催致します。多数ご応募、ご参加下さいますよう
ご案内申し上げます。
 なお、今年も優秀な研究・発表を行った若手研究者(おおむね35才以下)を対象
とした「日本原子力学会中部支部奨励賞」を引き続き設けておりますので、学生を含む
若手研究者からの積極的な応募をお待ちしております。奨励賞に応募された方のうち
所定の条件を満たす方には旅費および宿泊費の支援が行われるとともに、奨励賞予稿
審査にて上位となった方へは2019年に開催される原子力学会春の年会もしくは秋の
大会における旅費の一部補助も予定しています(「中部支部奨励賞」「活動支援
制度」、別紙)。学生・若手研究者の共同研究者の方々におかれましては、本賞及び
活動支援制度について周知頂くと共に、積極的な応募を奨めて頂けますと幸いです。



1.会期:20181211日(火)〜1212日(水)
2.会場:東桜会館 第2会議室(名古屋市東区東桜2-6-30
  http://www.chudenfudosan.co.jp/bunka/higashisakura
3.発表申込期日:
  発表申し込み: 2018119日(金)17:00必着
  予稿提出期限: 奨励賞審査希望発表 20181115日(木)17:00必着
                        一般        20181122日(木)17:00必着
4.発表申込方法:
(1)発表申込み
 ・題目
 ・発表者氏名・所属(連名者も含めて記入。講演者の名前の前に○を付けて下さい)
 ・発表の概要(2行程度)
 ・奨励賞審査の希望の有無
  (希望する/希望しない のどちらかを明記。
   「希望する」の場合
    次回春の年会もしくは秋の大会での旅費の一部補助を 希望する/希望しない
  についても明記)
 ・活動支援制度の希望の有無
  (旅費を  希望する/希望しない 
   宿泊費を 希望する/希望しない のどちらかを明記。
   ただし、いずれも希望するためには奨励賞審査への応募が必須です。また、
  所属する大学・研究機関等が名古屋市内の場合には対象になりません。)
 ・発表者の年齢(2019331日時点。ただし、奨励賞審査を希望する場合のみ)
  これらの項目を「10.申込み先」までemail または郵送にて送付して下さい。
(2)予稿原稿の提出
   5.に示す書式で記載された予稿をemailまたは郵送で「10.申込み先」まで送付
  してください(郵送の場合はCD-ROMなどの電子媒体でお送りください)。
   なお、メール本文などに、以下の項目を明示して下さい。
    ①題目
    ②講演者氏名・所属
    ③講演者の日本原子力学会会員番号(非会員もしくは申請中の場合はその旨を記載)
    ④連絡先(住所、電話、e-mailをご記入下さい)
5.予稿書式:
  A4で1枚。原子力学会春の年会・秋の大会と同じ書式で作成してください。
  可能な限り、MS-Word形式とPDF形式の2ファイルをお送り下さい。
  (上記形式での提出が困難な場合は、問合せ先までご相談ください。)
6.講演:口頭発表(日本語または英語)、発表10分、質疑応答5分の計15分の予定。
7.会費:参加登録費 無料
8.日本原子力学会中部支部奨励賞について:
  第40回研究発表会時に設立されました。
  詳細は別紙「日本原子力学会中部支部奨励賞について」をご覧下さい。
9.日本原子力学会中部支部研究発表会活動支援について
  第48回研究発表会時に設立されました。
  詳細は別紙「日本原子力学会中部支部研究発表会活動支援について」をご覧下さい。
10.申込みおよび問合せ先
  〒464-8602 名古屋市千種区不老町
   名古屋大学アイソトープ総合センター 小島康明(中部支部幹事)
   電話: 052-789-2572 email: y-kojima【アットマーク】energy.nagoya-u.ac.jp
以上

●別紙「日本原子力学会中部支部奨励賞について」

1.目的
  本賞は、日本原子力学会中部支部管内において優れた研究を行った者を支部長が
 表彰するとともに,日本原子力学会春の年会,秋の大会での発表を奨励することを
 目的とする。
2.賞の種類及び対象
 日本原子力学会中部支部奨励賞
   日本原子力学会中部支部研究発表会において、優秀な研究、発表を行った若手
  研究者に奨励賞を与える。(会員、非会員は問わない。若手研究者とはおおむね
  35歳以下とする。)
3.実施方法
  審査員(表彰委員会委員長及び委員)が、日本原子力学会中部支部研究発表会の
 予稿を審査し、受賞候補者を6名程度決定する。
  さらに研究発表会の口頭発表を審査し、これに基づき、表彰委員会において奨励賞
 受賞者を決定する。
4.表彰方法
  奨励賞受賞者の表彰(表彰状の授与等)は中部支部研究発表会期間中に行う。
  また、奨励賞受賞者及び受賞概要は支部ホームページに掲載する。
5.副賞
(1)春の年会・秋の大会での旅費の一部補助による支援
   3.実施方法の予稿審査にて受賞候補となった者のうち、支援を希望する者が
  日本原子力学会中部支部研究発表会後1年以内に開催される日本原子力学会春の
  年会、秋の大会で発表した場合には旅費の一部補助が行われる。
  (支援内容:旅費の一部補助額)
   ・登壇時に学生会員の者については、登壇者参加料の全額相当を支給する。
   ・登壇時に正会員の者については、登壇者参加料の50%相当を支給する。
(2)奨励賞の副賞
   奨励賞受賞者には、上記の支援に加え、副賞を授与する。
以上


●別紙「中部支部研究発表会活動支援について」

1.目的
  本支援は、日本原子力学会中部支部で開催する研究発表活動への発表申込が
 より活発になることを目的とする。
2.支援内容
  次の条件にて、支援する。
(1)支援対象は、次に該当する者とする。
 ・研究発表会の発表申込をした発表者とする。
 ・上記の者のうち、名古屋市内の大学・研究機関等に所属する者は対象としない。
 ・上記の者のうち、奨励賞審査を希望し、審査を受けた者に限る。
 ・上記の者のうち、支援を希望する者に限る。
 ・上記の者のうち、予稿審査時点での上位7名を上限とする。
(2)支援内容は、発表会場までの交通費および宿泊費とし、次とする。
 ・支援を希望する者が所属する大学・研究機関等から、研究発表会会場までの
 交通費(実費)を支給する。(実費とは、公共交通機関を利用し、学割の適用を
 受けた金額とする。)
 ・支援を希望する者には、宿泊費(名古屋市内一律10,000円)を支給する。
3.支払方法
  通常の旅費請求手続きを行い、支援対象者に支払われるものとする。

以上



最近の活動実績

「日本原子力学会中部支部 第8回中部支部大会より講演会」
平成30年7月30日

東桜会館

「2018年夏げんしりょくオープンスクール」
(原子のちから、原子の不思議)
平成30年7月29日

「東濃地科学センター見学会講演会の開催について」
(瑞浪超深地層研究所・土岐地球年代学研究所)

平成30年5月28日

第49回日本原子力エネルギーシステム研究委員会」
第25回公開シンポジウム」

平成30年2月6日(火)13:30~17:00
東桜会館 第2会議室

第49回日本原子力学会中部支部研究発表会」 
平成29年12月14日(木)、15日(金)
東桜会館 第2会議室


(中部支部奨励賞受賞:3名)
 「未臨界体系における積分法を用いたドル単位未臨界度推定」
   名古屋大学工学部     野中 朝日 殿
 「確率的安全余裕評価に向けた過酷事故解析コードの低次元化モデルの開発」
   名古屋大学工学部     松下 柾輝 殿
 「C60を用いた薄膜積層型熱電変換素子の作製とその特性制御」
   名古屋大学大学院工学研究科   小原 直也 殿

「岐阜県保険環境研究所 見学会および講演会」
平成29年10月20日(
) 13:30~16:00
岐阜県保健環境研究所

2017年夏 げんしりょく オープンスクール
平成29年7月30日() 9:30~17:00
でんきの科学館

「瑞浪超深地層研究所見学会および講演会の開催について」

平成29年6月14日(水)
日本原子力研究開発機構 瑞浪超深地層研究所

「第7回 中部支部 支部大会・講演会
平成29年5月15日(月)
東桜会館 第2会議室
 13:20~15:50 支部大会
 16:00~17」00 講演会  「福島第二原発の奇跡」から見えてきたこと
             講演者 作家 高嶋 哲夫様

「第64回原子力エネルギーシステム研究委員会」
平成29年2月1日(水)13時30分~17時00分
富士電機株式会社 本社 23階 第1ホール


 「第48回日本原子力学会中部支部研究発表会」
平成28年12月14日(水)、15日
名古屋大学VB

「第24回原子力エネルギーシステムシンポジウム」
平成28年12月1日(木)13:10~16:30
東桜会館

「瑞浪超深地層研究所の見学会および講演会」
平成28年10月12日(水)10:30~14:00
瑞浪超深地層研究所


「2016年夏 げんしりょくオープンスクール」
平成28年8月7日(日)  9:30~17:00
でんきの科学館


「第6回支部大会」
平成28年5月23日
スカイアオシス栄

「第63回原子力エネルギーシステム研究委員会」
平成28年2月10日
東京


「第47回日本原子力学会中部支部研究発表会」
平成27年12月9日
名古屋大学

「核融合科学研究所の見学会および講演会」
平成27年12月8日
大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 核融合科学研究所

「原子力エネルギーシステムシンポジウム」
平成27年11月4日
東桜会館


「オープンスクール」
平成27年8月2日
でんきの科学館

「支部大会」
平成27年5月14日(木)
東桜会館

「支部大会講演会」
平成27年5月14日(木)
東桜会館

「東濃地区 見学会・講演会」
平成27年3月16日(月)
日本原子力研究開発機構 土岐地球年代学研究所

「第46回 中部支部研究発表会」
平成26年12月17日(水)~18日(木)
名古屋大学ベンチャービジネスラボラトリ

【平成26年度奨励賞受賞者】
「担体の疎水性の強化による白金触媒の水素同位体交換性能の向上」
名古屋大学 森田洋平
「放射線誘起蛍光体と光ファイバを用いた小型線量計の応答評価」
名古屋大学 平田悠歩

「第22回 原子力エネルギーシステムシンポジウム」
平成26年11月18日(火)
東桜会館

「オープンスクール」
平成26年8月3日(日)
でんきの科学館

「支部大会」
平成26年5月14日(水)
東桜会館

「支部大会講演会」
平成26年5月14日(水)
東桜会館
「技術研究組合 国際廃炉研究開発機構(IRID)の概要と活動状況」
国際廃炉研究開発機構(IRID) 専務理事 鈴木一弘



その他

中部支部創立40周年誌



連絡先

〒460-0011 名古屋市中区大須1-35-18 一光大須ビル7階
中部科学技術センター 学協会事務局
日本原子力学会中部支部
(TEL)052-231-3070 (FAX)052-204-1469