2017年度学生連絡会役員
        
   
連絡会長 三島 理愛  東京工業大学
   
連絡副会長兼広報 村本 武司  東京工業大学
会計 ゙ 太永  東京工業大学
書記 福岡 潤哉  東京大学
渉外 桑垣 一紀  東京工業大学
ポスターセッション担当  小沢 壱生  東京大学
見学会担当 船木 博斗  東京都市大学

  
学生連絡会設立の背景
設立に至るまで
1998年原子力学会 秋の大会 学生企画セッション第2部の学生連絡会設立総会での決定をうけて、企画委員会に学生連絡会設立の要望書を提出しました。 学生連絡会は、企画委員会、理事会の承認を経た後、1998年11月26日正式に活動を開始しました。 この項では、学生連絡会の設立の背景、目的について説明します。
設立の背景
本学会に所属する学生会員数は年々増加しており、1998年9月現在で500名を超えています。しかし、学生にとって本学会は、自分の研究を発表するためだけの場になっていることが多いようです。さらに、学生相互の交流、あるいは正会員との交流の機会は少なく、研究を発展させていくための開かれた、連続した場とはなっていません。 一方、原子力に対する厳しい社会的背景により、原子力の将来に対する漠然とした不安を抱いている学生もいます。以上のような理由のためか、卒業後は原子力学会を退会する学生が多く、その結果、年齢別に見て会員の多数を占めているのは40〜50代となっているのが現状です。 このような中、将来各分野で若手として活躍するであろう学生が相互に交流、意見を交換し、また正会員との交流を活発にさせる為の受け皿となる組織を設けることが、原子力の現状を見直し、将来を考えていく上でも重要であると思われます。このような観点から、日本原子力学会に「学生連絡会」の設立を要望する運びとなりました。
学生連絡会設立の目的
学生会員相互の情報交換、研究交流を通して、学生の研究活動を支援し、日本原子力学会の発展に貢献することが目的です。
活動内容
  • 春、秋の年会時における学生ポスターセッションの開催
  • 学生連絡会会報の年2回発行
  • 学生セッションの開催
  • ホームページ、SNSによる情報の交換
  • メーリングによる企画の立案
  • 皆様のご支援よろしくお願いいたします。
    運営メンバーも随時募集しております。問い合わせからお気軽にご連絡ください。
    ページのトップへ戻る