「2012年春の年会」

福島第一原子力発電所事故特別セッション
〔一般公開セッション〕

日  時 :3月19日(月)10:00〜17:00
場  所 :フェニックスプラザ 小ホール
(〒910-0018 福井県福井市田原1丁目13番6号)
定  員 :500名

入場無料、参加申込不要、定員に達し次第締め切り

プログラム

                                                          進行役(福井大)望月弘保

10:00-10:15 第1部 IAEA天野事務局長ビデオメッセージ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(IAEA)天野之弥
                                                           座長(福井大)竹田敏一

10:15-12:00 第2部 福島第一原子力発電所事故対応の概要 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(東京電力)福田俊彦
                                                           座長(福井大)澤田 隆

―――――――昼休み(12:00-13:00)―――――――

13:00-15:00 第3部 福島第一原子力発電所事故対応技術セッション(その1)
                                                           座長(福井大)山脇道夫
 (1)福島第一原子力発電所事故 1)事故後の取り組みと今後の中長期計画 ・・・・・・・・・・・・・・・(東京電力)山下和彦
 (2)福島第一原子力発電所事故 2)地震・津波の影響について  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(東京電力)土方勝一郎
 (3)福島第一原子力発電所事故 3)事故時の対応状況とプラント挙動 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(東京電力)宮田浩一
 (4)福島第一原子力発電所事故を踏まえた関西電力における安全確保対策の取り組み状況
                                           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (関西電力)吉原健介

―――――――休 憩(15:00-15:15)―――――――

15:15-17:00 第3部 福島第一原子力発電所事故対応技術セッション(その2)
                                                           座長(福井大)山脇道夫
 (5)福島第一原子力発電所事故に関する原子力学会の分析  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(副会長)澤田 隆
 (6)放射線測定  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(JAEA)柴田徳思
 (7)JAEAの除染活動 ―除染モデル実証事業と技術開発―  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(JAEA)中山真一
 (8)総合討論

〔参加に関してのご注意〕

・本セッションは「2012年春の年会」のセッションのひとつですが、入場無料、参加申込不要のセッションとなります。
・会場内での行動は主催者の指示に従ってください。
・議事進行に関しては進行役等にご協力ください。
・会場内は飲食禁止です。また、大きな荷物は持ち込めません。
・予め許可された方以外の録音・撮影はご遠慮ください。
・「2012年春の年会」の他のセッションへの参加および各参加料については「2012年春の年会」HPおよびプログラムでご確認ください。
・本セッションの会場では「2012年春の年会」の他のセッションの参加受付は行いません。総受付(福井大学文京キャンパス工学部1号館1F)へお越しください。

〔マスコミのみなさまへ 取材事前申込のお願い〕

本セッションの取材は事前申込をお願いいたします。
1.氏名、2.所属組織、3.E-mailアドレス、4.携帯電話番号、5.取材人数(記者、カメラマン、TVカメラの台数)を明記の上、
3月14日(水)までにmeeting[a]aesj.or.jp(年会大会専用アドレス。「[a]」は「@」に変更のこと)宛お申し込みください。
なお、取材希望が多い場合、1社の人数を制限させていただくことがあります。

「2012年春の年会」トップページ

問い合わせ先:
日本原子力学会事務局 年会大会担当係
E-mail: meeting[a]aesj.or.jp(年会大会専用アドレス。「[a]」は「@」に変更のこと)  Tel: 03-3508-1261